派遣と呼ばれる働き方
mainvisual

派遣とバイトの違いって?

近年注目されている派遣のお仕事ですが、皆さんは具体的にどのような形で働くことを派遣と呼ばれるか知っていますか?
恐らくはっきりと答えられる人が少ないと思います。最近になって若者を中心に増加している「派遣社員」という勤務方法を一般的なパートやアルバイトと比較してみましょう。
派遣とパート・アルバイトは時給制であることが大半ですが、違いはちゃんとあります。派遣社員とパート・アルバイトの違いとして挙げることができる点は3つ存在します。
まず一つ目は「派遣社員は派遣会社に雇用されている」ということでしょう。
パート・アルバイトであるならば勤務先の会社と直接契約して勤務をするのですが、派遣社員の場合は、雇用契約を結んでいるのは登録先の派遣会社になります。実際に勤務をするのは派遣先の会社ですが、給料を支払うのは派遣会社になります。
つまり、パート・アルバイトと派遣は、雇用する会社が違うということなのです。
二つ目の相違点として挙げられるのは「派遣には面接がない」というポイントです。
通常パート・アルバイトとして勤務する場合、求人に応募したら面接を受けてから合否を決められます。
しかし派遣社員の場合は、企業側が派遣の面接試験をすることは禁止されています。
しかしやっぱり本音としてはお互いどういった企業か、どういった人材なのかという点は気になるはずです。
そのために「顔合わせ」や「社内見学」という名のもと、お互いに話し合う機会があることも多々あります。
でも将来正社員として採用される可能性がある「紹介予定派遣」のケースでは、法律改正によって履歴書を確認したり面接を行うことができるようになりました。
そしてパート・アルバイトと派遣の違いとして三つ目に挙げられるのは、「派遣は契約期間が過ぎると雇用の契約も終了する」ということです。
パート・アルバイトであれば、短期や日払いバイトでなければ特に雇用期間は設けられていないことが大半でしょう。
しかし派遣であれば初めから期間が設定されていて、契約を更新していかなければ期限がきた時点で雇用契約が終了するのです。
契約期間が終了すると、別の仕事を探さなければいけませんから、こういった点は事前に理解しておくことが重要になります。
さて長々と説明してきましたが、派遣に関する詳細を次のページからまとめていますので是非ご覧ください。